Menu

院長あいさつ

Home
私達職員一同、子ども達が大好きです。いろいろな意味で子育てのお手伝いをしたいと思っています。子どもの様子がいつもと違うので不安・急に発熱した・ミルクを吐いてしまう・なんだかわからないが泣きやまないなどの症状だけではなく、幼稚園に行きたがらない・落ち着きがない・すぐ友達とけんかをしてしまうなど、子育てに不安を感じたとき、お母さんと一緒に考えたいと思っています。また、子ども達が健康で安全に育つように健診・予防接種を計画的に行います。

子ども達だけではなく、お母さん達の体や心の健康も関心事です。保育・教育の悩みなど気軽に相談できる存在になりたいと思っています。 
病院が子ども達にとっていやなところにならないように工夫しました。夢のあるおもちゃもそろえました。図書も良い本を選んでいます。人にうつる感染症は別の入り口から隔離のお部屋にご案内できるようにしています。インフルエンザ流行時でも院内感染は絶対起こすまいと頑張っています。

保護者の皆様の医療に対するご意見・お考えにも耳を傾けたいと思っています。より良い小児科医療を保護者の皆様と共に作って行きたいと考えています。

院長 中山 康子