小平市 小児科 中山小児科医院

小平市 小児科 中山小児科医院

小平市 小児科 予防接種 クリニック 中山小児科医院

予防接種

  • 予防接種の種類と間隔

    ワクチンには生ワクチンと不活性化ワクチンとがあります。

  • 生ワクチン

    ・MRワクチン(はしか・風疹混合ワクチン)
    ・麻しん単独ワクチン
    ・風しん単独ワクチン
    ・BCG
    ・水痘ワクチン
    ・おたふく風邪ワクチン
    ・ロタウイルスワクチン
     (ロタリックス・ロタテック)
    ・インフルエンザ生ワクチン(鼻腔噴霧)

  • 不活化ワクチン

    ・四種混合ワクチン
     (ジフテリヤ・破傷風・百日咳・ポリオ)
    ・三種混合ワクチン
     (ジフテリヤ・破傷風・百日咳)
    ・二種混合ワクチン(ジフテリヤ・破傷風)
    ・日本脳炎ワクチン
    ・インフルエンザワクチン
    ・Hibワクチン(インフルエンザ菌b型)
    ・A型肝炎ワクチン
    ・B型肝炎ワクチン
    ・小児用肺炎球菌ワクチン
    ・子宮頸がん予防ワクチン
     (サーバリックス・ガーダシル)
    ・ポリオ不活化ワクチン

それぞれの間隔は次の通りです。
生ワクチンから生ワクチン、または不活性化ワクチン間では4週間
不活性化ワクチンから生ワクチン、または不活性化ワクチンまでは1週間
  • 小児期の接種スケジュール

    小児期の予防接種は接種スケジュールに沿って受けることをお勧めします。生後2ヶ月から必要な予防接種があります。

    また、無料で行える定期接種のワクチンと自費で行う任意接種があり、特に任意接種は重要でないというものではありません。どのワクチンがどうして必要なのかという事を知って、なるべく早めに計画を立てることをお勧めします。

    初めてのお子様の方は時間をかけて説明し、保護者の方と相談しながらスケジュールを立てます。いつでもご相談ください。初めての方は代表電話(042-322-1231)にお電話ください。
    予防接種の予約は2か月前からお取りできます。

  • 当院では同時接種をしています

    海外では複数の予防接種を同じ日に行う同時接種は普通に行われています。
    CDC(米国疾病予防管理センター)の記載でも下記のようにコメントしています。

    ・頻用されている生ワクチン・不活化ワクチンの同時接種(同日接種)は、抗体反応を減少させたり、副反応の頻度を増やすことはない。
    ・子どもの適齢期に十分な免疫を得られる可能性を増やす単には接種対象の子どもに対して、幼少期の予防接種スケジュールに沿ってすべてのワクチンを同時接種することは非常に重要である。

    当院では基本的にはすべてのワクチンについて同時接種をしています。5種まで可能ですが、あくまでもご相談の上で行います。

  • 予防接種の種類と料金

ロタウイルス生ワクチン(ロタテック)

ロタリックスの場合1回15750円:2回接種
ロタテックの場合1回9,200円:3回接種


ロタリックス:生後6週間から24週の間に4週間間隔で2回:1回15,750円
ロタテック:生後6週間から32週の間に4週間間隔で2回:1回9,200円

ロタウイルスは、こどもたちの重症の下痢の主な原因です。ロタウイルスワクチンが使われる前の時代において、ロタウイルスによる胃腸炎のため、毎年、アメリカ合衆国では、約270万人のこどもが発病し、55000~70000人のこどもが入院し、20~60人のこどもが死んでいたと推計されています。先進国ではロタウイルスによる胃腸炎で死亡することはまれなものの、全世界では、発展途上国を中心にロタウイルスによる胃腸炎で毎年、数十万人のこどもが亡くなっていると考えられています。乳幼児や小さいこどもたちでの発生が多いですが、日本・アメリカ合衆国では、5歳までに大部分のこどもがかかります。

脱水を起こすような重症の胃腸炎は、生後3-35ヶ月のこどもが多いです。嘔吐・発熱を伴った重症の下痢の場合には、脱水にショック、電解質の不均衡を伴い死にいたる可能性もあります。大人もかかりますが、軽症の場合が多いです。

ロタウイルスの胃腸炎は潜伏期は約2日(1~3日)です。3~8日続く水様の下痢と嘔吐が特徴です。嘔吐から始まることがしばしばあります。摂氏39度以上の発熱や腹痛がしばしばおこります。発熱・嘔吐から始まり、24~48時間後に頻回の水様の下痢へと続く場合もあります。また、中には、ロタウイルスに感染しても何の症状も示さないこどももいます。症状がなくても便中にロタウイルスが排出されていることがあります。治ったあとの免疫は不完全で、またかかることもありますが、二度目にかかる場合は、重症でないのが通常です。生後3ヶ月以降の初回の感染が一番重症となりやすいです。生後3ヶ月未満の赤ちゃんが感染する率は比較的低いです。胎児のときに母親から受け継いだ抗体や母乳による免疫効果が考えられます。

ロタウイルスワクチンはいわゆる生ワクチンで生きたウイルスでワクチンを作るのですが、下痢や嘔吐などの症状を起こす副作用はほとんどなく、安全なワクチンです。ロタウイルス感染を約80%防ぐことが出来、重症ロタウイルス感染症には90%以上効果があります。
ロタウイルスワクチンは生後6週から24週までに接種が必要です。その年齢以降はワクチンによる暢重積が起こることもあるので、24週までに接種をします。

乳児期早く接種する必要があるので、同時接種を行わないとスケジュールが立てられません。ご希望の方はご相談ください。

ページの先頭へ