小平市 小児科 中山小児科医院

小平市 小児科 中山小児科医院

小平市 小児科 予防接種 クリニック 中山小児科医院

予防接種

  • 予防接種の種類と間隔

    ワクチンには生ワクチンと不活性化ワクチンとがあります。

  • 生ワクチン

    ・MRワクチン(はしか・風疹混合ワクチン)
    ・麻しん単独ワクチン
    ・風しん単独ワクチン
    ・BCG
    ・水痘ワクチン
    ・おたふく風邪ワクチン
    ・ロタウイルスワクチン
     (ロタリックス・ロタテック)
    ・インフルエンザ生ワクチン(鼻腔噴霧)

  • 不活化ワクチン

    ・四種混合ワクチン
     (ジフテリヤ・破傷風・百日咳・ポリオ)
    ・三種混合ワクチン
     (ジフテリヤ・破傷風・百日咳)
    ・二種混合ワクチン(ジフテリヤ・破傷風)
    ・日本脳炎ワクチン
    ・インフルエンザワクチン
    ・Hibワクチン(インフルエンザ菌b型)
    ・A型肝炎ワクチン
    ・B型肝炎ワクチン
    ・小児用肺炎球菌ワクチン
    ・子宮頸がん予防ワクチン
     (サーバリックス・ガーダシル)
    ・ポリオ不活化ワクチン

それぞれの間隔は次の通りです。
生ワクチンから生ワクチン、または不活性化ワクチン間では4週間
不活性化ワクチンから生ワクチン、または不活性化ワクチンまでは1週間
  • 小児期の接種スケジュール

    小児期の予防接種は接種スケジュールに沿って受けることをお勧めします。生後2ヶ月から必要な予防接種があります。

    また、無料で行える定期接種のワクチンと自費で行う任意接種があり、特に任意接種は重要でないというものではありません。どのワクチンがどうして必要なのかという事を知って、なるべく早めに計画を立てることをお勧めします。

    初めてのお子様の方は時間をかけて説明し、保護者の方と相談しながらスケジュールを立てます。いつでもご相談ください。初めての方は代表電話(042-322-1231)にお電話ください。
    予防接種の予約は2か月前からお取りできます。

  • 当院では同時接種をしています

    海外では複数の予防接種を同じ日に行う同時接種は普通に行われています。
    CDC(米国疾病予防管理センター)の記載でも下記のようにコメントしています。

    ・頻用されている生ワクチン・不活化ワクチンの同時接種(同日接種)は、抗体反応を減少させたり、副反応の頻度を増やすことはない。
    ・子どもの適齢期に十分な免疫を得られる可能性を増やす単には接種対象の子どもに対して、幼少期の予防接種スケジュールに沿ってすべてのワクチンを同時接種することは非常に重要である。

    当院では基本的にはすべてのワクチンについて同時接種をしています。5種まで可能ですが、あくまでもご相談の上で行います。

  • 予防接種の種類と料金

B型肝炎ワクチン

1回4,000円(消費税抜き):3回接種


いつでも接種可能です。
B型肝炎とは、B型肝炎ウイルスによる感染症です。
免疫機能が確立している成人は、B型肝炎ウイルス(HBV)に感染しても、多くの場合は不顕性感染で自然に治癒します。一部の人では、急性肝炎を発症し、一過性の感染を経て治癒します。どちらの場合も、ウイルスは体から排除されており、HBVに対する免疫を獲得しています。しかし、免疫機能が未熟な乳幼児(大体3歳以下)、透析患者、免疫抑制剤を使用している人などがHBVに感染すると、免疫機能がウイルスを異物と認識できないため肝炎を発症しないことがあり、ウイルスが排除されず、ウイルスを体内に保有した状態(持続感染)になります。このように、ウイルスを体内に保有している人を “キャリア”と呼びます。
キャリアの約90%の人は一般的に、無症候期から肝炎期、肝炎沈静期と移行し、その後、無症候性キャリアのまま生涯を経過します。しかし、約10%の人は慢性肝炎を発症し、肝硬変、肝がんへと進行する危険性があるとされています

また、キャリアは血液中にウイルスを持ち続けているわけですから出産時に子供に感染したり(母子感染)、輸血や性行為などでも感染します。最近では、父親や家族、友達からの汗・涙などの体液からの感染(水平感染)も知られてきています。

B型肝炎は感染経路がわからないことも多くあり、感染しても症状が出ないことも多く、発見が難しいという問題もあります。また、最近、無症状のままB型肝炎に感染した人でも高齢などで免疫機能が低下すると劇症肝炎を起こすことがあるという事実がわかってきました。B型肝炎に感染しないことが大切であり、そのためにはワクチン接種が望まれます。

WHOでは1992年、新生児には全員の接種が望ましいとの声明を発表しています。欧米諸国はもとより、世界の75%が1歳までの無料接種をしており、諸外国では極めて大切なワクチンと認識され、肝がん予防ワクチンとしてとらえてもよいと思います。

しかし、残念ながら日本では母子感染予防接種のみ健康保険での接種が認められているだけで、それ以外は有料接種となっているため、B型肝炎ワクチンの接種率は極めて低いのが現状です。また、医師の中でもB型肝炎が母子感染や血液による感染だけだと認識している方も多く、接種率の低下に拍車をかけています。

接種時期は生後1か月、2か月、6か月と3回の接種が標準ですが、いつからでも受けることができます。また、3種混合・Hib・肺炎球菌ワクチンとの同時接種がおすすめです。接種後の免疫は、成人より子供のほうが獲得されやすいと言われています。以上のことをご理解の上、希望者は受付まで申し出てください。

赤ちゃんのB型肝炎ワクチン http://www.know-vpd.jp/hbv/index.htm

ページの先頭へ