小平市 小児科 中山小児科医院

小平市 小児科 中山小児科医院

小平市 小児科 予防接種 クリニック 中山小児科医院

予防接種

  • 予防接種の種類と間隔

    ワクチンには生ワクチンと不活性化ワクチンとがあります。

  • 生ワクチン

    ・MRワクチン(はしか・風疹混合ワクチン)
    ・麻しん単独ワクチン
    ・風しん単独ワクチン
    ・BCG
    ・水痘ワクチン
    ・おたふく風邪ワクチン
    ・ロタウイルスワクチン
     (ロタリックス・ロタテック)
    ・インフルエンザ生ワクチン(鼻腔噴霧)

  • 不活化ワクチン

    ・四種混合ワクチン
     (ジフテリヤ・破傷風・百日咳・ポリオ)
    ・三種混合ワクチン
     (ジフテリヤ・破傷風・百日咳)
    ・二種混合ワクチン(ジフテリヤ・破傷風)
    ・日本脳炎ワクチン
    ・インフルエンザワクチン
    ・Hibワクチン(インフルエンザ菌b型)
    ・A型肝炎ワクチン
    ・B型肝炎ワクチン
    ・小児用肺炎球菌ワクチン
    ・子宮頸がん予防ワクチン
     (サーバリックス・ガーダシル)
    ・ポリオ不活化ワクチン

それぞれの間隔は次の通りです。
生ワクチンから生ワクチン、または不活性化ワクチン間では4週間
不活性化ワクチンから生ワクチン、または不活性化ワクチンまでは1週間
  • 小児期の接種スケジュール

    小児期の予防接種は接種スケジュールに沿って受けることをお勧めします。生後2ヶ月から必要な予防接種があります。

    また、無料で行える定期接種のワクチンと自費で行う任意接種があり、特に任意接種は重要でないというものではありません。どのワクチンがどうして必要なのかという事を知って、なるべく早めに計画を立てることをお勧めします。

    初めてのお子様の方は時間をかけて説明し、保護者の方と相談しながらスケジュールを立てます。いつでもご相談ください。初めての方は代表電話(042-322-1231)にお電話ください。
    予防接種の予約は2か月前からお取りできます。

  • 当院では同時接種をしています

    海外では複数の予防接種を同じ日に行う同時接種は普通に行われています。
    CDC(米国疾病予防管理センター)の記載でも下記のようにコメントしています。

    ・頻用されている生ワクチン・不活化ワクチンの同時接種(同日接種)は、抗体反応を減少させたり、副反応の頻度を増やすことはない。
    ・子どもの適齢期に十分な免疫を得られる可能性を増やす単には接種対象の子どもに対して、幼少期の予防接種スケジュールに沿ってすべてのワクチンを同時接種することは非常に重要である。

    当院では基本的にはすべてのワクチンについて同時接種をしています。5種まで可能ですが、あくまでもご相談の上で行います。

  • 予防接種の種類と料金

インフルエンザ生ワクチン(フルミスト)

1回6500円
接種回数は上をクリックして詳細へ


鼻腔噴霧インフルエンザ生ワクチン
(Live Attrnuated Influennza Vaccine)LAIV
(商品名:FluMist フルミスト)

このワクチン(商品名フルミスト)は従来日本で行われている注射による不活化ワクチンではなく、生きたインフルエンザウイルスを鼻の粘膜に吹き付ける生ワクチンです。
 このウイルスは低温で増殖しやすく、高温では弱いため、比較的低温の上気道(鼻・のど)で免疫効果があり、比較的高温の下気道(気管支・肺では病原性が弱まるため、重篤な副作用はありません。
このように鼻腔内で局所免疫であるIgAを誘導することでインフルエンザウイルスの侵入そのものを阻害し、発症予防効果があります。(これは従来の不活化ワクチンにはない効果です)
同時に細胞性免疫をも誘導するためウイルス株が違っても、病気を軽症化させる作用もあります。
このワクチンは注射ではなく鼻腔噴霧のため、疼痛負担もありません。

アメリカでは2003年より5~49才の妊娠中ではない健康な人に接種できるようになり、2007年には2~49才に拡大されました。
しかし、まだ日本での承認はなく、輸入ワクチンですから副作用が出現した場合には医薬品副作用被害者救済制度が利用できない可能性があります。
2013年度のフルミストはA香港型(H3N2)、A新型(H1N1)、Byamagata,Bvictoriaの4種類のワクチン株の入った4価のワクチンです。従来の不活化ワクチンはB型インフルエンザにはほとんど効果はありませんが、その点でフルミストはB型インフルエンザに対する免疫効果も期待できると考えます。
当院の一昨年度のアンケート調査によりますと不活化ワクチンの効果60%(例年は40%)に比べますと約80%の効果が見られました。不活化ワクチン(国内製)はB型インフルエンザには全く効果なく、フルミストを接種した方は1名を除いて発症した方はありませんでした。
昨年度(2014~2015)では生ワクチン(フルミスト)も国内製の不活化ワクチンもインフルエンザの発症にはそれほど差がありませんでした。どちらのワクチンもインフルエンザウイルスの変異に対応できていなかったとのことです(お知らせ項目にてアンケート結果を報告)
 米のCDC(疾病予防センター)のコメントでは予防接種実施に関する諮問機関(ACIP)では2~8才の小児にはLAIV(フルミスト)を推奨しています。 ■対象者
当院では3才~50才未満の人(泣いている子供には接種できません)
アメリカでは2才からですが、当院では今年度は3才からいたします。
鼻腔への噴霧のため、泣いていると多量の鼻水によりワクチンの効果が十分でないことがあります。

■接種できない人
1)卵、ゼラチン・ゲンタマイシン・アルギニンに対して強いアレルギーがある
2)インフルエンザワクチンに対して以前にひどい症状を発現したことがある
3)2才から17才までの方でアスピリン、もしくはアスピリン含有薬剤を服用している
4)アスピリンの使用は*主治医と相談の上特別な事がない限りフルミスト接種後4週間控えること
*2才以下の幼児にフルミストを接種しますと喘鳴、呼吸困難の増悪をきたす危険があります

■接種に注意の必要な人
1)現在喘鳴が認めている時
2)5才以下の幼児で喘息の既往がある
3)ギランバレー症候群に罹患している
4)免役能が低下しているか、もしくは免役能の低下している人と同居している
5)心臓病、腎臓病、呼吸器疾患、糖尿病がある
6)妊娠中、授乳中
7)タミフル、リレンザ、アマンタジン等のインフルエンザの薬を服用している
*上記に該当する場合は主治医と相談して下さい
*フルミストが使えない場合でも従来のインフルエンザの予防接種は出来ます

■フルミストの使用方法
フルミストは鼻腔内に噴霧する液体のワクチンです
普通に呼吸すれば大丈夫です。あえて吸入しようとしたり、花で吸い込む必要はありません。

■フルミストの副反応
1)時々認められるもの
 鼻水・鼻づまり・咽頭痛・発熱
2)その他の副反応
 食欲低下・倦怠感・咳・筋肉痛・悪寒
3)以下の症状が出現した時には主治医または救急医療機関を受診すること
 喘息発作・呼吸困難・広範囲の発疹・蕁麻疹・顔面や舌、咽頭のむくみ

以上の症状は多くありません。昨年度当院で行ったフルミスト接種者100名中に鼻づまりの成人の方が1人だけありましたが、他の副作用の発言はありませんでした

■フルミストに関するQ&A(米の疾患予防センターより)

1)フルミストはどのくらいの効果がありますか?
アメリカでの試験的投与で、15~85か月の小児において鼻腔噴霧の季節性インフルエンザワクチンLAIVを接種することによって、接種しなかった人に比べインフルエンザの予防効果が92%有効であった。
成人では特別なテストは行っていないが、高熱の呼吸器感染症を19~24%減少させ、欠勤を13~28%減少させ、受診者を15~41%減少させ、抗生物質の使用を43~47%減少させた。

2)授乳中の人は接種できますか?
問題はありません。(当院では授乳中の方は接種しない方針です)

3)病気中の人が接種できますか?
下痢や発熱のない軽い風は問題ありませんが、鼻づまりがあると、鼻腔へのワクチンが十分に作用しない場合がありますので、症状が改善してから接種すべきでしょう。

4)接種したウイルスが他の人に感染することがありますか?
臨床研究ではごくまれに起こりえます。
しかし、フルミスト接種後に濃厚な接触があった場合、他の人に感染を起こす頻度は低く、0.4~2.4%であり、感染したとしてもウイルスが弱毒化されているため、インフルエンザの症状はほとんどないとのことです。

5)免疫機能不全の人はフルミストを接種できますか?
重症な免疫不全の人(造血幹細胞移植をうけた人)は 接種することはできませんが、軽い免疫機能低下の人(糖尿病・ステロイド使用中の喘息の人・エイズにかかっている人など)は接種できます。

6)フルミストの副反応はありますか?
小児では鼻汁・頭痛・喘鳴・咽頭痛・筋肉痛・発熱が起こることがあります。
成人では発熱することはあまりありません。

7)フルミストはいつ接種しますか?
できるだけ早く利用する必要があります。11月ごろから発生し、ピークは1月です。

8)接種頻度は?
・毎年接種することが必要です。
・9才~49才の人は1回接種です。
・2~8才の人は前年に生でも不活化でもインフルエンザワクチンを受けた人は1回接種です。
 不活化ワクチンは昨年2回接種していることが条件です。
・2~8才で1度もワクチンを受けたことがない人は、少なくても28日あけて、2回接種が必要です。

9)フルミストにはチメロサールガ入っていますか?
チメロサール入っていません。

10)フルミストの接種でインフルエンザになることがありますか?
フルミストは生ワクチンですからウイルスを含んでいますがそのウイルスは弱毒化されていて、インフルエンザを起こすことはありません。このウイルスは低温環境にて増殖する様にできているため、鼻腔内の比較的低温環境でのみ感染を起こして免疫を獲得するようになっています。多少、感冒様の症状(微熱、鼻水、鼻づまりなど)が出ることはあります。
フルミストはMedlmmune,LLCの公認商標です

ページの先頭へ